FC2ブログ

請求項76 特許の仕事(概要)

待ちに待った夏休みですね。
海へ山へ、故郷へ海外へ。夏をお楽しみのことと思います。
僕も夏休み中は、自宅と事務所を行ったり来たりして存分に楽しんでいます。

今回は夏休み特集として、特許業界を皆さまにご紹介しようと思います。
まずはこのピラミッドをご覧下さい。
はい、どん!
知財ピラミッド
特許業界の頂点に君臨するのは、なんといっても発明者です。

無から有を生み出す者、知惠と努力で社会を改善せんとする者、それが発明者です。
発明者こそが特許業界の太陽であり、そこから全てが始まります。

発明者の次に君臨するのは、知財部です。

発明者自身が気づいていない発明の原案を発明者から引き出して言語化する者、発明者の創作意欲を育てる者、特許事務所と発明者を繋ぐインターフェース、それが知財部です。

その次に特許事務所が位置しますが、特許事務所の中にも厳しい階層があります。

上位階層は特許事務です。

顧客をよく知り、方式手続をよく知る特許事務は、昔から「事務所の宝」として大切に扱われてきました。
特許明細書を作成する技術者に代わりはいても、至宝の特許事務に代わりはいないとされ、とても大切にされてきました。

方式手続も簡素化されて以前より分かり易くなったとはいえ、期限管理ソフトや書類納品ソフト、電子包袋ソフトなど各種の業務関連ソフトの扱いに通じた特許事務は、今でも事務所の宝物です。

そして、その次に位置するのが特許明細書を作成する技術者(特許技術者)です。

特許技術者には、弁理士と、弁理士の指導下で書面作成を補助する補助者とがいますが、ここでは区別せずに特許技術者と呼ぶことにします。

発明者により生み出され、知財部により磨かれた発明を、法律に基づいた文章と図面で正確かつ分かり易く、簡潔に記載する者、発明を糧として特許出願書類という卵を産む者、それが特許技術者です。

どんな仕事もそうでしょうが、特許技術者も楽な仕事ではありません。

しかし、特許技術者にはいくつか楽しみがあります。

それは毎回新しい発明、技術に触れることができること。
発明者または発明と対話しながら、納得して特許出願書類を作成できること。
新発明の喜びに輝く発明者から元気をもらえること。

それらの楽しみがあるからこそ続けられるようなものです。
それから特許技術者は、腕が良ければ長く働くことが可能で、事務所間の移動も容易です。
これも良い点の一つです。


図示は省略しましたが、知財ピラミッドの周囲には、ほかに重要な役割を持つ人々がいます。

それは、特許調査員(サーチャー)と特許翻訳者です。

発明者の発明が特許出願に値する発明であるかは、サーチャーの調査結果次第です。
既に知られている技術と異なる新しい発明でなければ、特許を取ることはできません。
発明の真の姿を映し出す者、ドラクエでいうラーの鏡、それがサーチャーです。

特許翻訳者は、海外で特許を取るために欠かせない存在です。
海外で特許を取るためにはその国の言語に翻訳する必要があるためです。

そしていろいろな事情、原因により、日本語の特許明細書を適切に翻訳するのはとても難しいのです。
最近では機械翻訳の進歩が騒がれていますが、機械のみで特許翻訳するのはまだまだ無理と思います。

特許翻訳の費用をけちるくらいなら、外国に出願しない方がましです。
目先のお金を節約したつもりで、結果的に大金をどぶに捨てることになります。

同じく、特許調査の費用をけちるくらいなら、特許出願などしない方がいいでしょう。
調査結果を利用して発明を磨き上げることで、よりよい発明に育てることができます。

次回は、特許技術者の仕事に焦点をあてて解説したいと思います。
それではまた!


特許・知的財産 ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



請求項75 特許のお値段

もうそろそろ関東も梅雨になりますが、皆さまはお元気でお過ごしでしょうか。

という一文を書いたまま放置しておりました。
梅雨入りどころか梅雨明けも近い今日この頃、皆さまはお元気でしょうか。

皆さまの中には「特許を弁理士に頼むとちょっとお高い?」と思っている方が少なからずおられると思います。

それは少し間違っています。
ちょっとではすみません。

とても高いのです。

発明の技術分野や難易度等で大きく変化するのですが、ざっくり申し上げますと、弊所の場合、通常の国内出願でも30~60万円ほどかかります。これは弊所がいただく分です。
さらに事前の特許調査もお勧めしています。特許調査までしますと、さらに10万円ほどアップします。

これは出願するだけの費用です。しかし、出願しただけでは審査をしてくれません。
ちょっと変な話ですよね。でもそういう制度なのです。
特許庁に審査をしてもらう場合は、別料金を支払う必要があります。
この審査請求にかかる費用として20万円ばかりかかります。
(ただし、減免制度がありますので、該当する方は積極的に利用しましょう)

審査請求をすると、審査官が審査し、その審査結果が返ってきます。
特許してあげるよと言われる場合もあれば、先行技術に似ているからダメと言われる場合もあります。

特許してあげると言われたら、特許料を3年分納めてとりあえず終了です。
最初の3年間はお安くなっています。
それ以上特許権を維持しようとすると急に料金が上がります。
詳しくは特許庁の料金表をご覧下さい。

似ている技術があるからダメなどと言われた場合、審査官に反論して判断を変えてもらう必要があります。

そのために意見書と手続補正書を提出したり、審査官に直接会ってお話したりすることになります。

審査官の判断に対する応答手続を中間処理手続などと呼びます。
中間処理手続も、ケースバイケースなのですが、ざっくり申し上げますと、20~40万円はかかると思って下さい。

一回の中間処理手続で審査官が判断を変えてくれたら良いのですが、変わらない場合もあります。
そのときは、再度反論することになります。
二回反論するとなりますと、中間処理手続だけで40~80万円かかる可能性があります。

以上から、弁理士を使って日本で特許権を取得しようと思ったら、100万円以上かかる可能性があります。

ですから何かひらめいたからといって、直ちに特許事務所や知財事務所に駆け込むのはお止め下さい。

一晩寝かせて冷静に判断なさってください。
お高いですから。

もっと安く受けてくれる特許事務所や知財事務所もあると思います。
インターネットで検索して何カ所かあたられると良いと思います。

上に記載の料金よりも安いからといって、その事務所の腕が悪いということにはなりません。
腕の良い弁理士にも暇なときはありますので、その場合は相場よりも安くうけてくれる可能性があります。

ただし、あまりにも安い場合は、安さを裏付ける何かがあると思われた方がいいでしょう。
また、弁理士・弁護士以外に他人から報酬を得て特許庁に手続することはできませんので、
その点もご注意ください。

特許・知的財産 ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

請求項74 発明者と出願人の違い

皆さまの中には特許証など見飽きたよという方もいらっしゃれば、そんなもの見たことがないよという方もいらっしゃるかと思います。
下の特許証は、特許庁のウェブサイトからお借りしてきました。

特許証見本

ご覧の通り特許証には、特許番号、発明の名称、特許権者の名前、発明者の名前、出願番号、出願日、登録日、特許庁長官の名前が記載されています。

人物に着目すると、特許権者、発明者、特許庁長官という3人の登場人物が記載されていますが、特許権者と発明者とはどこが異なるのでしょうか。

特許権者とは、特許権の保有者です。発明を特許出願した出願人です。
特許権者は、その特許権を売却したり、他者へライセンスしたり、特許権侵害訴訟などの裁判を起こしたりすることができます。

発明者とは、発明した人です。
発明者は、その発明が社会に貢献する度合に応じて、世間から賞賛されるかもしれません。

早い話、我が国では、発明者は名を取り、特許権者は実を取るのです。

発明者は家族や友人に自慢することができ、特許権者はお金を稼ぐことができます。


しかし、発明者はただの名誉権なの?などと侮ってはいけません。

詳細は省きますが、誰を発明者として記載するのか、誰が特許権者(出願人)になるのかはとても大切な問題です。

発明者も特許権者も人数が増えれば増えるほど、後々やっかいなことになりかねません。

発明者になりたい人を全て発明者にしてしまうと・・・(怖)

何が問題になりえるのかは、お近くの特許事務所、知財事務所にご相談なさってください。


特許・知的財産 ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

請求項73 発明の誕生

毎年世界中で何百万個、何千万個という発明が生まれているのですが、どのようにして生まれているのでしょうか。

いろいろな誕生パターンがあると思いますが、その中でも何らかの情報により刺激され、その刺激をきっかけにそれまで蓄えてきた知識や経験の新たな組合せを思いつくといったパターンは比較的多いと思われます。

そして、特許事務所や知財事務所に相談に行き、特許出願する。 

めでたし、めでたしで終われば良いのですが、本当の問題はここから始まります。

特許出願してから1年半も経ちますと出願公開といって、あなたの発明は広く公表されてしまうのです。

もっとも出願公開されるよりも前にウェブサイトやテレビ、商品化などで世間に知られてしまうことも多いでしょう。

とにかく発明の内容が世間に知られてしまいますと、それが誰か他の人の創造心を刺激し、改良発明の誕生につながるのです。

しかも、あなたの発明を土台にして新たな発明を生みだす人は、あなたの発明の記載された公開公報をよく読んで、考え抜くことができます。

考え抜かれた新たな発明により、あなたの発明品は市場から追い出されるかもしれません。

そうなりますと、出願公開が出願後悔になりかねません。


ですから、最初の思いつきだけで満足するのではなく、あなたの発明をいろいろな角度からよく検討し、考え抜いてください。

特許事務所や知財事務所というプロを使う費用は決して安くないのですから、公開されても後悔することのないように、発明を磨き上げて出願することをお勧めします。

とはいっても先願主義といいまして、基本的に早いもの勝ちの制度なので、発明の内容と同じくらい出願時期も重要です。

ですから発明の本質部分だけこだわり、その他の部分は特許事務所や知財事務所に任せた方が良いでしょう。

発明の誕生


特許・知的財産 ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

請求項72 発明を思いついたらどうするか

発明を思いついたら、焦らずにじっくり育てましょう。

決して焦ったり、ぬか喜びしたり、諦めてしまったりしないでください。

まずは深呼吸をしましょう。


それから、思いついた発明を他人に話さないでください。

ブログに書いたりウェブサイトに掲載したり、動画で解説したりしないでください。
そんなことをしてしまうと、新規性がなくなったものとして扱われ、特許を取ることができなくなる可能性が高くなります。

その発明を考えついたのは自分であると自慢したり宣言したりしたくなるお気持ちもわかりますが、まずはしっかりと秘密にしてください。

ひとまず気持ちが落ち着いたら、先行技術を調査してみましょう。

特許調査のプロに頼むのが一番良いのですが、一番最初は自分で無料のデータベースを調べてみましょう。
無料データベースの使い方を一度覚えるといろいろ便利です。周囲からちやほやされることでしょう。

特許出願に際して特許調査は一番重要です。
調査で見つけた先行技術文献と自分の発明との差異を確認し、その差異が生じた理由などを掘り下げることでより良い発明に育ちます。

そして、特許出願の方法などについて知りたくなった場合は、知財総合支援窓口日本弁理士会各支部の無料相談、お近くの特許事務所、知財事務所に相談してみてください。
特許事務所等では最終的に特許出願に至らない場合は相談料が有料になることもありますので事前にご確認ください。


特許・知的財産 ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

請求項71 真田丸特許

「真田丸」ロスのみなさん、いかがお過ごしでしょうか。

不利な状況下でも決して諦めず、なんとか勝てる方策を見つけて実行する真田幸村。

格好よかったです。

真田丸が壊されなければ、堀が埋められなければ・・・と残念に思ったのは僕だけではないでしょう。


真田丸の物語を知財の世界に置き換えて考えますと、強い特許ポートフォリオを持つ競合企業と互角に戦うために知惠を絞る知財担当の物語になるでしょうか。

権利化と権利維持のための予算は限られています。

特許権のネタとなる発明のアイデア出しに協力してくれる仲間もそう多くありません。

このような状況下で自社の知財力をいかに高めるか。

いろいろな戦術があると思いますが、その一つに、開発部門から出てきたアイデアをそのまま特許出願するだけでなく、
競合と将来交渉可能な位置を占めそうなアイデアを先に見つけて特許出願する、というものがあります。

市場のどこを攻めるべきか。

競合製品の機能を分析して原因と結果の関係を明らかにし、例えば関係が密な箇所に注目してアイデア出しすると良いでしょう。
あるいは、原因と結果の因果関係図から、競合製品の持つ潜在的不具合や改善すべき点に着目し、それらに関係する箇所に着目してアイデアを出すと良いでしょう。

つまり、大阪城における真田丸のようにポイントとなる部分を見極めて、そこに知財開発のための資源を投入することで、強みを作り出すことができるでしょう。

因果関係図ってなんだろう、もっと知りたいと思った方は、こちらにご参加ください。

無料 特別セミナー: Ideation TRIZ入門コース


特許・知的財産 ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

請求項70 PPAP

PPAPといえば、ピコ太郎さんの”Pen-Pineapple-Apple-Pen”
大ブームですね。
最初見たときは正直なんだろうこれと思いましたが、なにか癖になる動画です。


ところで知財業界のPPAPと言えば、”Patent plus another patent”ですね。

ですねと申し上げましたが、いま勝手に作った言葉なので初めて聞いたという方ばかりだと思います。

「特許に他の特許を加える」という意味を込めたPPAPです。


既に知られた複数の特許を組み合わせることで新たな特許を作り出すこともできるという意味です。

ご承知の通り、既に知られている特許(発明)を組み合わせただけでは特許を取ることはできません。

進歩性がないものとして拒絶されるからです。

しかし、単純に組み合わせるのではなく、組合せの方法に工夫などした場合は、その工夫した点で特許を取ることも可能です。

リンゴにペンを突き刺すといった単純な組合せではなく、例えば、リンゴにペンを突き刺しても果汁がこぼれ落ちない、突き刺したペンをストロー代わりにして果汁を吸える、ペンを突き刺したリンゴをコマのようにして遊べるといった、新たな課題や効果と結びつけることで、特許を取れる可能性があるのです。

新製品の主要部分が既存のものだからといって、特許は取れないと諦めるのはまだ早いです。

既存の主要部分の組合せ方法、前処理の仕方、データの受渡し方など、結合部分や境界部分に何らかの工夫が隠れている可能性があります。



特許・知的財産 ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

請求項69 知財インフェルノ

今、このスイッチを押せば人類の半分が死ぬ。

しかし、押さなければ人類は100年後に滅びる。

全てはお前次第だ


原作ダン・ブラウン 監督ロン・ハワード 『インフェルノ

原作と異なる大胆な味付けに良い意味でも悪い意味でもびっくりした映画でした。

まず映画を鑑賞し、次に原作を読まれることをお勧めします。


知的財産の世界にもいろいろなインフェルノがありますが、その一番は知財貧乏インフェルノでしょう。

いろいろな事情であれもこれも出願せざるを得ず、その結果、出願費用、権利化費用、権利維持費用に多額のお金と時間や手間を必要とする状況のことです。

お金と手間がかかるにもかかわらず、取得した知的財産権の存在意義がわからないという辛い状況のことです。


知財管理の進んだ企業では、出願時、審査請求時、登録料納付時などにその必要性を審査し、必要と判断した場合のみ手続を進めたり権利を維持したりしているようです。

皆さまの会社ではいかがでしょうか。

市場と自社製品との兼ね合いから思い切って知的財産権の取得そのものを止めてしまう、というのも一つの手です。

役立たない、役立てる意思の全くない知財なら、お金と手間をかけてまで保有する意義はありません。


知的財産権の取得活動を中止すれば費用を大幅に節約できるでしょう。

しかし中止してしまったら、会社は10年後には存在しないかもしれません。

知財権を取るも取らないも、それはひとえに社長の決断にかかっています。



特許・知的財産 ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

請求項68 高慢と偏見とトロール

「お父さまはわたしに愛情がないと思っていらっしゃるけれど、反対なさる理由はほかにもおありですか?」とエリザベスは言った。

「ほかにはなにもないさ。われわれはみんな、あの男が高慢で不愉快なやつだということは知っている。だが、きみが本当に好きだというなら、そんなことはどうでもいい」

「好きです、ほんとうに好きなんです」エリザベスは目に涙を浮かべながら言った。


ジェイン・オースティン 『高慢と偏見

メグ・ライアンとトム・ハンクスの『ユー・ガット・メール』の中で、メグ・ライアンが愛読書として挙げている本です。
映画の中で彼女は「200回は読んだ」と言っていました。

2回や3回読む本は僕にも普通にありますが、200回も繰り返し読める本とは驚きだ!と、映画のストーリーから外れたところで妙に感心しました。

そこで早速Amazonの読み放題サービスで読んでみましたら、これはなんとすばらしい本なのか。

こんな素敵な恋愛小説があったなんて知りませんでした。

莫大な財産と高貴な身分を持つ男と、財産も身分もないけれど才気あふれる女との恋物語です。
男の高慢さと、その男に対する女の偏見とが良い感じで絡み合うのです。


ところで話はごろりと変わりまして、

最近プロパテントを推進する一方、パテントトロールの活動を制限しようとする動きがあるように見えますが、これは両立するのでしょうか。

発明品の商業化能力を持たない者、商業化する意思のない者は、その権利のライセンスで利益を得てはいけないとする根拠はなんでしょう。

そこには、商業化努力をしない者たちは知財制度を悪用して濡れ手で粟をつかもうとする者である、けしからんという偏見があるように思います。

一方、非難されている方たちは、知的財産制度なんて最初からそんなものだろ?すばしこくうまく立ち回った人間が利益を得るシステムだろう?という高慢さに満ちているようにも思います。

パテントトロールという存在は好きではありませんが、バランスをよく考えて対策を打つ必要があるでしょう。


特許・知的財産 ブログランキングへ
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
プロフィール

moumoupat

Author:moumoupat
特許などの知的財産を扱う弁理士です。

どうぞよろしくお願いいたします。
本サイトでの情報発信は個人的なもので、所属する組織の見解や意見ではありません。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

情報提供の数
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる